• mkuboi

デジタル化

最近、世の中が急速にデジタル化へ進んでいることを感じます。

同時に、日本のデジタル化への遅れも感じます。


そのような状況に合わせるために、

自分自身でも少しずつデジタル化を始めました。


マイナンバーカードの申請を行いました。

某都市銀行において紙の通帳をやめ、アプリのみにしました。


行政でも、いろいろなことが、インターネットを通じて行えるようになり、

便利になってきたことを感じます。

マイナンバーカードの申請や図書館の本の予約などもそうです。


今回のコロナ対策においても、給付金やワクチンの接種管理など、

「マイナンバーに紐づけてやれば、もっと処理が早く進むのでは・・・」

という声がよく聞かれました。


国に個人情報を預けることへの不安は、もちろんありますが、

そこは信用して、協力しないと、

不安以上に不便さを感じることが大きくなるのではと感じています。


今後、その波に乗っていかないといけないかなと思いつつ、

キャッシュレス化には、まだまだ抵抗があるのです。

最新記事

すべて表示

最寄り駅では、今年もツバメが巣を作りました。 自宅近くの田んぼでは、毎晩、カエルの合唱が響いています。 毎年、この2つがやってくると、夏はもうすぐです。 『3年振りの開催』というフレーズをよく聞きます。 コロナで中止になっていたイベントが、今年は開催されているケースが 多いようです。 今年こそは、制限のない夏を楽しみにしています。

2022年5月になり、 すたいる六甲は、13年目に入りました。 たくさんの方に支えていただきました。 自分のやってきたこと 自分のやりたいことが 世の中に受け入れてもらえ、 ここまで実績を積み重ねることができました。 干支がひと回りしましたが、 まだまだキレキレの動きで 気持ちはいつもフレッシュに ベテランのエッセンスも加えながら 大人の渋さを出していければと思います。

世界最高齢に認定されている田中カ子(たなか・かね)さんが 119歳で亡くなったというニュースを見ました。 人間が125歳を超えることは、ほぼ不可能と言われています。 骨や臓器が若返らない限り、無理なのでしょう。 自分自身、いくつまで生きることができるのか 希望はありますが、ケガや病気など、様々なアクシデントを乗り越え、 寿命を全うできるということは、すごいことだと、常々、思います。 先のことを考え