• mkuboi

体温計の進化

コロナの感染拡大により、ここ1年で、体温計が進化しました。


脇に挟むタイプが主流でしたが、

非接触が可能ということで、おでこにかざすタイプが出ました。

赤外線で測定しているそうです。


最近は、画面に顔を写すタイプをよく見ます。

サーモグラフィカメラを活用しているそうです。


子供の頃は、水銀計でした。

お風呂の温度を測る時は、船の形をしたケースに入った水銀計でした。

それをお湯に浸けたり、水をかけたりして、

温度の上げ下げをすることで、赤い液体を動かして楽しみました。


進化は、そういった発見を奪ってしまうのかもしれません。

もしかすると、形を変えて、新しい発見になっているのかもしれません。



最新記事

すべて表示

最寄り駅では、今年もツバメが巣を作りました。 自宅近くの田んぼでは、毎晩、カエルの合唱が響いています。 毎年、この2つがやってくると、夏はもうすぐです。 『3年振りの開催』というフレーズをよく聞きます。 コロナで中止になっていたイベントが、今年は開催されているケースが 多いようです。 今年こそは、制限のない夏を楽しみにしています。

2022年5月になり、 すたいる六甲は、13年目に入りました。 たくさんの方に支えていただきました。 自分のやってきたこと 自分のやりたいことが 世の中に受け入れてもらえ、 ここまで実績を積み重ねることができました。 干支がひと回りしましたが、 まだまだキレキレの動きで 気持ちはいつもフレッシュに ベテランのエッセンスも加えながら 大人の渋さを出していければと思います。

世界最高齢に認定されている田中カ子(たなか・かね)さんが 119歳で亡くなったというニュースを見ました。 人間が125歳を超えることは、ほぼ不可能と言われています。 骨や臓器が若返らない限り、無理なのでしょう。 自分自身、いくつまで生きることができるのか 希望はありますが、ケガや病気など、様々なアクシデントを乗り越え、 寿命を全うできるということは、すごいことだと、常々、思います。 先のことを考え