• mkuboi

コロナの悪影響

先日、人身事故で電車が止まりました。


厚生省が発表している「自殺者数の推移」を見てみると、

平成15年(2003年)の34,427人をピークに減少傾向にありました。


コロナが影響した2020年の速報値では、20,919人との発表があり、

リーマン・ショック後の2009年以来、11年ぶりに前年を上回ったそうです。


女性の自殺が増加しているということは、よく報道されていますが、

小中高生の自殺も増えていることが、とても悲しい現実です。


文部科学省の発表(2021年2月15日)では、

2020年に自殺した小中高校生は479人。(特に女子高校生が138人と2倍近くに増化)

前年の339人から大幅に増え、過去最多になるそうです。


自殺の原因では、

「進路に関する悩み」(11%)「学業不振」(10%)が多く、

「親子関係の不和」が続きます。


緊急事態宣言に伴う長期にわたる休校が、不安を募らせ、友人との交流が減り、

子供たちの心を不安定にさせたのかもしれません。


後々、振り返ってみると、

ちっぽけなことで悩んでいたなと思うことがあります。

今は、色々と選択肢も増えています。

将来、見通しの明るい世の中を作ることは、大人の役割だと思います。


つまずけば、そこから体勢を立て直す

転んでしまえば、そこから立ち上がる

そうすれば次に、つまずかないように、転ばないように気をつけることを学ぶので、

かっこ悪いことだと思わずに、学習をして、回避方法をたくさん学べる

そんな風に捉えてもらいたいなと思います。

最新記事

すべて表示

最寄り駅では、今年もツバメが巣を作りました。 自宅近くの田んぼでは、毎晩、カエルの合唱が響いています。 毎年、この2つがやってくると、夏はもうすぐです。 『3年振りの開催』というフレーズをよく聞きます。 コロナで中止になっていたイベントが、今年は開催されているケースが 多いようです。 今年こそは、制限のない夏を楽しみにしています。

2022年5月になり、 すたいる六甲は、13年目に入りました。 たくさんの方に支えていただきました。 自分のやってきたこと 自分のやりたいことが 世の中に受け入れてもらえ、 ここまで実績を積み重ねることができました。 干支がひと回りしましたが、 まだまだキレキレの動きで 気持ちはいつもフレッシュに ベテランのエッセンスも加えながら 大人の渋さを出していければと思います。

世界最高齢に認定されている田中カ子(たなか・かね)さんが 119歳で亡くなったというニュースを見ました。 人間が125歳を超えることは、ほぼ不可能と言われています。 骨や臓器が若返らない限り、無理なのでしょう。 自分自身、いくつまで生きることができるのか 希望はありますが、ケガや病気など、様々なアクシデントを乗り越え、 寿命を全うできるということは、すごいことだと、常々、思います。 先のことを考え